スキルアップ

新人薬剤師が成長スピードを上げるために実践すべき3つのこと

「薬剤師になって、早く一人立ちしたい!」
「いち早く仕事をマスターして同期と差を広げたい!」

と、新人の頃はみんなそう思います。

でも、どうすればいいのか?というと、ハッキリした答えがわからず、やる気に任せて突き進む人も多いでしょう。

実は、免許取り立てホヤホヤの時から、ちょっと意識するだけで仕事の飲み込みが速くなるオススメの方法があります。

「早く一人前になって欲しい」と願う、現場の薬剤師を代表して「成長スピードを上げるために実践すべき3つのこと」を書きました。

試してみる価値はあると思います(^_^)。

はじめに

4月になると国家試験に合格したばかりの新人薬剤師さんが仲間入りします。

簡単に自己紹介を済ませたあとに待っているのは、練りにねった指導スケジュール。

さっそく業務を教えていくわけですが、同じことを同じ方法で教えても仕事を飲み込むスピードは人によって違います。

まあ、当たり前なんですけど……。

一通りの業務をこなせるまでにかかる期間が3ヶ月の人、半年もかかる人、まる1年経ってもまだ…の人と、さまざまです。

いったい何が違うのか?

ベースの知識が豊富でコミュニケーションスキルが高い人ほど成長スピードも速い傾向があります。要領のいい人も仕事の飲み込みが早いですね。

でもそれだけではなく、仕事に対する意識、向き合い方も大きな影響があるのではないかと感じています。

作者が考える成長スピードを決める要素は大きく3つです。

  1. 仕事を好きになる
  2. 仕事の目的を理解して学ぶ
  3. 仕事は辛いものとして受け入れる

即戦力として活躍できる人となかなかひとり立ちができない人の比較から考察したものです。

この3つを意識して取り組めば、一人前の薬剤師になる道のりを大きくショートカットできると考えています。順番に見ていきましょう。

薬剤師が成長スピードを上げる3つの方法

1)仕事を好きになる

まずはオーソドックスな方法ですね。

仕事が好きな人はぐんぐんと伸びていく

まさに「好きこそ物の上手なれ」です。仕事が好きな人ほど成長スピードも速い印象があります。

たとえば、薬理が好きな人は薬の勉強が苦になりません。知らない薬に遭遇した時や新薬の登場に合わせて自然と知識が増えていきます。

服薬指導が好きな人は、薬効や副作用の説明を工夫したり、コミュニケーションスキルを磨くことに熱心です。もっと患者さんに寄り添うために、苦痛を取り除くためにどうすればいいかを考える過程で多くの学びがあります。

調剤が好きな人は業務改善に対する意識が高いです。どうすれば調剤ミスを減らせるか、スピーディーに仕事をこなせるかを自ら考えていくうちに業務を提案する力が養われていきます。

仕事が好きな人に共通するのは、与えられた仕事を自ら進んでやるスタイルです。

仕事に受け身な人は伸び悩む

新人の頃はみんなやる気に溢れています。しかし、苦手意識から仕事に対して受け身になる人も多く、成長スピードの妨げになります。

たとえば、薬理が苦手な人は、薬の勉強がストレスに感じやすいです。はじめて見る薬に戸惑ったり、「新薬が登場した!」と聞いても興味が湧かず、知識のストックががなかなか増えません。

服薬指導が苦手な人は患者さんとの接点が少なくなる傾向があります。コミュニケーション能力が育たないばかりか、せっかくの学ぶ機会をものにできません。

調剤が苦手な人は、日々のルーチン業務に苦痛を感じます。ただひたすら数をこなすだけになりがちで、業務改善の意識が芽生えることもないでしょう。

苦手意識をもつと、与えられた仕事がいつまでたっても、やらされる仕事のままで、次第にやる気が失われていきます。

成功体験が仕事を好きになるきっかけ!

最初から仕事が好きな人はいません。「薬剤師が天職」と言われる人であってもです。そもそもやったことがない仕事を好きになる理屈がありません。

仕事が好きな人は、必ず過去に成功体験があります。成功体験というのは、自分の仕事が周囲にいい影響を与えて評価されること。

薬物療法の問題を解決して患者さんに「ありがとう」と感謝されたときは、まさにそうですね。

検討を重ねて捻り出した処方提案が医師に受け入れられた時もまた成功体験です。自分の仕事に対して職場の上司から褒められたときもそう。ほかにもいろんなケースがあります。

仕事のやりがいは周りにいい影響を与えたり、社会に貢献できたときに生まれます。成功体験が「もっと頑張ろう」「スキルアップを目指そう」という気持ちの原動力になるのです。

逆にいえば、やりがいを感じられないのは、患者さんや周囲にいい影響を与えられていないだけの話。薬剤師に向いていないのかもと、悩む必要はいっさいありません。

成功体験をゲットできれば、だれでも仕事が好きになります。

薬剤師になったら、まずは患者さんのためにできることを考えよう

早期に成功体験を得るための近道です。

薬剤師が行う仕事の先には必ず患者さんがいます。調剤したクスリは患者さんのもとに届き、疑義照会や処方提案は有効で安全な薬物療法を担保すべく患者さんのために行うものです。

しかし、新人の頃は仕事を覚えることばかりに夢中になって、成功体験を遠ざける傾向があります。調剤室にこもってしまうと、どうしても患者さんが見えにくくなってしまからです。

「新人の頃は患者さんを意識することが大事!」

患者さんの問題点を抽出し、どのように解決すればいいかを考える。これを習慣にすれば自然に成功体験にたどり着き、気がつけば仕事が好きになっているはずです。

好きになればあとはこっちのもの。成長スピードは自然に上がっていきます。

2)仕事の目的を理解して学ぶ

続いて2つ目。覚えることよりも、なぜやるべきかを理解することの方が大切です。

そもそも仕事は覚えるだけのものなのか?

新人の頃は「仕事を覚えて一人前になろう!」と意気込みます。みんな仕事を覚えるのに必死ですよね。

しかし、よく考えると「仕事を覚える」というのは半分正しくて半分間違っていると思うのです。

確かに、覚えるだけでよい仕事もあります。

たとえば、調剤や監査の手順、分包機の使い方、分包紙の交換方法とか、しっかり記憶しておくべきです。こういうのは先輩から最初に教わることで、大抵マニュアルも用意されていますよね。順序を正しく覚える(=記憶する)だけでオッケーです。

一方で、言われたことを覚えるだけでは足りない場合もあります。

たとえば、先輩から「◯◯という薬は、腎機能をチェックしてから調剤してください」と言われたとします。そうか、◯◯を処方箋で見たら、腎機能を確認すればいいんだなと新人薬剤師は思いました。

ある時、監査を担当する先輩から言われます。「△△という薬を飲んでいる人がいるけど、腎機能のチェックはしたの?」

その時に心の中で思いました。「△△という薬は腎機能チェックが必要とは教えてもらってない」と。

もし声に出して言っていたなら、おそらく大目玉を食らうでしょう。「教えなくても、◯◯がチェックすべきなら△△も同じでしょ」と先輩薬剤師は口調を強くして言うはずです。

仕事には「記憶力だけでなんとかなるもの」と「言われたことから関連性を見い出す類推力が求められるもの」があると思います。

1を聞いて10を知る

一つの教えから類推して全体を把握する力が必要です。

新人の教育プログラムでは、1から10までを丁寧にもれなく教えてくれません。1つ教えたら、類似したことは当然わかるものという理解です。たぶん薬剤師だけでなく他の職種や業種でも同じことがいえるでしょう。

先の例でいくと

「腎機能をチェックすべき薬は10個あって、一つ目はこれ、二つ目はこれ、三つめは……」というふうに、一から10まで親切に教えてくれません。

そもそも多忙な業務の中で十分な時間がとれないし、教える側は全部教える必要はないと思っています。◯◯という薬で腎機能チェックが必要であれば、当然△△もチェックして当然と考えているわけです。

「それぐらいわかるでしょ」という先輩に対して、「教えてもらってないので分からん」という新人の図式はよくある日常風景だといえます。

「1を聞いて10を知る」を心がけると成長スピードもグンと上がります。

なぜやるのか、仕事の目的を理解しよう!

仕事をやるべき理由がわかれば、類推力が働きます。

先の例でいくと、腎機能をチェックする理由は血中濃度上昇に伴う副作用のリスクを回避するためです。これが仕事の目的になります。

であれば、「◯◯だけじゃなくてほかに注意すべき薬剤もあるはず…。要するに腎排泄型薬剤全般にいえるということだな。□□や△△も腎機能のチェックを忘れないようにしよう」

という具合に、やるべき理由を明らかにすれば、関連性のある薬剤の存在に気づきます。そして次にどういうことを勉強すべきかが見えてくるのです。

先輩の教えを学ぶきっかけとして、自分の知識が増えていく。仕事の目的を理解する人は成長スピードが速くて当然ですね。

3)仕事は辛いものとして受け入れる

3つ目は、1年目を頑張って乗り切るためのエールでもあります。

新人の頃は失敗して怒られるのが当たり前

4月から働き出して、しばらくは先輩から注意される日々が続きます。

なかなか業務を覚えられず周囲に迷惑をかけたり、焦って調剤や監査で間違いを繰り返したりと仕事のミスは絶えません。

「社会人としての意識、責任性が低い」とキツい指摘も飛んでくるでしょう。学生気分が抜けるのに時間はかかるものなので……覚悟しておいた方がいいです。

作者も経験済みです、辛かった……(^_^;)

「今日も失敗した、明日もきっと怒られるだろう……。」と、憂鬱な気分で過ごす日が続くのはごく当たり前のことなのです。

薬剤師に関わらず社会人1年目ならみんなそうかも知れません。

割り切って考えた方が良い!

怒られないほうが逆に不自然です。新人が怒られるのはある意味宿命だともいえます。なぜなら、誰もが経験するものだからです。

いつも頼りになる先輩も、厳しく指導に当たっているベテラン薬剤師だって、周囲からの信頼が厚い上司であっても新人の頃は怒られて凹んだ日々を経験しています。

叱られずに順風満帆な薬剤師ライフを送ってきた人はまずいないでしょう。みんな何らかの障害を乗り越えてきたわけです。

仕事は辛いもの。

もう、一層のこと、そういうもんだと割り切って受け入れた方が前向きになれます。

チャンスだと捉えて前進あるのみ!

注意されたり叱責されるのは、あなたのためを思ってのことです。

薬剤師の仕事は患者さんにプラスに働くこともあれば、もちろんマイナスに作用することもあります。患者さんの不利益にならないように、いい仕事をして欲しいから、叱ってくれているわけです。

また、仕事は職場のみんなで行うもの。調剤はダブルチェックが基本だし、一人の患者さんにいつも自分一人で関われるわけじゃないですよね。

誰かが足を引っ張ると全体として仕事の質が落ちます。駅伝みたいなもので、個々が行う仕事の総和が薬局、薬剤部における成果になります。だから、周囲も新人の教育に熱が入るわけです。

先輩は自分のために怒ってくれています。

ただ口うるさい迷惑なものとして聞き流すか、弱点を補うためのチャンスと捉えるのか。

どう受け止めるかあなた次第です。ポジティブに考えて先輩の教えを前向きに受け止める人の方が成長スピードが速いですよ(^ ^)

最後に

今回は、新人薬剤師が成長スピードを上げる3つのポイントを述べました。

若い時はいっぱい学べる環境です。

(きびしくて)やさしい先輩が色々教えてくれるし、わからないことは何でも質問できます。勉強しようと思えば時間の確保もそれなりにできるでしょう。

今思うと、若い頃に勉強したことはいつまでも記憶に残っていて日常業務を支えてくれています。

働きはじめての1年は、特に薬剤師人生に大きな影響を与える大切な時期です。

上手く乗り切ってやりがいのある薬剤師ライフを手に入れて欲しいです。陰ながら応援していますよ♪

できる薬剤師を目指すなら!

医療サイトm3.comがオススメ!


「薬剤師は一生勉強です…」わかってるけど、毎日忙しいし、やる気も出ない……働きながらの勉強は大変ですよね。でも、大丈夫。

m3.comなら、日常のちょっとしたスキマを利用して、自分のペースで少しずつ学習できます。


勉強は大変だけど、頑張った分だけ自分に返ってきます。それに薬剤師になった時点で、勉強からは逃げられないですよね(^ ^)

\一生勉強がんばる人(笑)はぜひ登録を!/

m3.comに登録する

もちろん登録は無料です!貯まったポイントはAmazonギフト券等に交換して、参考書を購入できますよ♪できる薬剤師を目指してスタートしましょう!